当ページは
外国語
対応しておりません。
This page does not have the language content of your choice.
  • 人気急上昇
  • ポイント
  • クレジットカード
  • セブン‐イレブン

京都国際舞台芸術祭 2021 SPRING
フロレンティナ・ホルツィンガー 「Apollon」上映会

概要

ハイアート vs トラッシュなカルチャーの境界線を探る

※18歳未満、高校生入場不可。
※人により生理的に不快に感じる可能性のある過激な表現(血液、他)が多数含まれます。予めご了承ください。

ハイアートvs トラッシュなカルチャーの境界線を探る

2021年よりベルリンのフォルクスビューネ劇場に招聘され、最新作で数々の賞を受賞するなどヨーロッパの舞台芸術界でいまもっとも熱い視線を集めるフロレンティナ・ホルツィンガー。今回、世界各地のフェスティバルで上演されてきた話題作『Apollon』の映像を劇場で上映する。また、ウィーンから中継でお届けするオンラインワークショップをKYOTO EXPERIMENTのために特別に実施する。日本初紹介となるホルツィンガーの過激かつチャーミングな美学を体験できるまたとない機会をお見逃しなく!
『Apollon』は、20世紀最大の振付家バランシンの名作『アポロ』に登場するアポロンと女神たちの物語を下敷きに、6名の女性パフォーマーがこの神話の世界を展開する超話題作だ。マシントレーニングからスプラッター、トウシューズで踊られるバレエ、機械仕掛けのロデオまで。悪趣味なまでのパフォーマンスが、完璧な知性とブラックユーモアによって舞台上で昇華し、女性の身体やジェンダー表象に強烈な一撃を食らわせる。
オンラインワークショップは、格闘技やスタントなどホルツィンガーが作品創作にも取り入れている技法や身体へのアプローチを知ることができるまたとない機会となる。会場となるロームシアター京都 ノースホールに集まり、思う存分自分の身体で体験してみて!


フロレンティナ・ホルツィンガー  Florentina Holzinger

ウィーン、オーストリア


ダンサー・振付家。1986年オーストリア、ウィーン生まれ。アムステルダムとウィーンを拠点に活動。ハイ・カルチャーとエンターテイメントの間の揺れ動く境界線と意識的に戯れ、女性の表象のさまざまなモードを探求しながら女性の身体性が秘める最大限の可能性を問うような作品を制作してきた。オランダ・アムステルダムの芸術大学、スクール・オブ・ニューダンス・ディヴェロップメントにて振付を学び、ソロ作品『Silk』は2012年インパルスタンツにてPrix Jardin d’Europe 賞を受賞。 Vincent Riebeek とのコラボレーション作品『Kein Applaus für Scheisse, Spirit, Wellness and Schönheitsabend』に続いて、三部作『Recovery』『Apollon』『TANZ』を制作した。2018年には『Apollon』(製作CAMPO) で De Châtel Award を初めて受賞した。2021年にはルネ・ポレシュが芸術監督を勤めるベルリンの劇場フォルクスビューネのアーティスト・イン・レジデンスに招聘


公演・チケット詳細情報

  • 会場 ロームシアター京都 ノースホール(京都府 京都市)
  • 公演期間 2021/03/05(金) ~ 2021/03/06(土)
  • 価格 500円 ~ 1,000円(税込)
  • お問合せ KYOTO EXPERIMENTチケットセンター
    TEL: 075-213-0820
  • 販売期間 2021/01/08(金) 11:00 ~ 2021/03/05(金) 23:59


おすすめの関連チケット一覧

  • 「Mercurial George」&「Lay them all down」上映会
  • それから
  • フリーウェイ・ダンス
  • 私がこれまでに体験したセックスのすべて

  • チケットジャンル・公演エリア検索 SEARCH

    各地域の会場からチケット情報をジャンル別、エリア別で探して選ぶ事ができます。



    過去の関連チケット一覧

  • クラッチ ※本公演は中止になりました
  • キエフ国立バレエ学校「コッペリア」
  • 都の賑い
  • 罪と罰
  • 演じる高校生

  • {{ message }}

    OK

    こちらの機能は
    ログインが必要です。

    販売元のサイトに移動します。

    OK
    キャンセル