当ページは
外国語
対応しておりません。
This page does not have the language content of your choice.

演出家・筒井潤とダンサー4人の野望
ダンス公演『破壊の子ら』

スタッフ

演出:筒井潤(dracom)

出演・曲目・カード

倉田翠(akakilike)、野田まどか、福岡まな実、松尾恵美

概要

演出家・筒井潤と倉田翠、野田まどか、福岡まな実、松尾恵美の4人のダンサーがタッグを組んで新作に挑む! 観る者に「しゃあない」と思わせるまでひたすら踊りを晒す、その先にあるものは・・・

「〇〇の子」というのがある。代表的なものは「ええとこの子」。子に対するシニカルな表現であり、同時に親も標的にしている。一方「アホの子」は、親の存在を抜きにしても使える、差別する意図がある言い回しである。この2つに共通して言えるのは、許しのニュアンスが存在していることではないだろうか。「あれ、〇〇の子やからな」と言えば、軽蔑を目的とする発言であったとしても、その後に「しゃあない」を接続できるようになっている。「〇〇の子やから、しゃあないわ」と。見落としてはならないのは「〇〇の子」と称される対象者への許しだけでなく、発言者自身へのあらかじめの許し、軽蔑的態度に対する批判を躱すためにもこの言い回しは機能している。難は親、あるいは要因となるものにあって、その子に当たる人物に言ってるんじゃないですよ、というわけだ。

昨今のコンテンポラリー・ダンスに関する議論において、個人で活動しているダンサーは「〇〇の子」のような扱いを受けているような気がしてならない。「コンテの子」。

1519年、女奴隷として差し出され、改宗させられて征服者側についたマリンチェは、その美貌と語学力をコンキスタドールのエルナン・コルテスに気に入られて彼の妾となり、二人の間には子を授かった。だからメキシコでは、スペイン人とインディオの混血であるメスティーソは「マリンチェの子(=破壊の子)」と呼ばれ、蔑まれてきた。しかし長い時間をかけてメスティーソは自身のアイデンティについて思考を巡らせ、スペイン人としてもインディオとしてもルーツを持ち得ないゆえに自らの存在をポジティブに「マリンチェの子」と見做すようになり、マリンチェを未来の象徴と再解釈するに至った。

今作品は目新しさを目的とはしていない。ダンスの歴史に対して無神経な罪深い私の身体に、言葉の力を一切借りず、空間と重力の中の隙間にある、何故か好機と感じられる僅かな場所を探させながら創った動き。そしてそれに時間と呼吸、さらには遊戯も吹き込んで営みを見出したダンサーが、観る者に「しゃあない」と思わせるまでひたすら踊りを晒す。仕方が無さの先にある前向きな未来を獲得するために。
  筒井潤

公演・チケット詳細情報

  • 会場 京都芸術劇場春秋座(特設客席)(京都府 京都市)
  • 公演期間 2018/11/30(金) ~ 2018/12/02(日)
  • 価格 2,000円 ~ 3,000円(税込)
  • お問合せ 京都芸術劇場チケットセンター
    TEL: 075-791-8240

チケットジャンル・公演エリア検索 SEARCH

各地域の会場からチケット情報をジャンル別、エリア別で探して選ぶ事ができます。



過去の関連チケット一覧

  • 市川猿之助 藤間勘十郎 春秋座花形舞踊公演
  • 立川志の輔 独演会
  • 令和二年 都をどり
  • 春秋座―能と狂言
  • 温習会

  • {{ message }}

    OK

    こちらの機能は
    ログインが必要です。

    販売元のサイトに移動します。

    OK
    キャンセル