中部 検索結果:10件

風間杜夫 落語独演会
2017/12/22 (金) 18:00
可児市文化創造センター 小劇場(虹のホール)(岐阜県可児市)
販売中
1,500円 ~ 3,000円(税込)
玄人も裸足で逃げ出す絶品話芸。 名優 風間杜夫がお届けする落語の世界。豊富な経験を生かし、得意の古典落語を披露します。
新日本フィルハーモニー交響楽団
ニューイヤー・コンサート2018
2018/01/05 (金) 16:00
可児市文化創造センター 主劇場(宇宙のホール)(岐阜県可児市)
販売中
3,500円 ~ 7,000円(税込)
新年の寿ぎメニューは、マエストロのおまかせ。絶大な支持を誇るマエストロ広上、4度目のアーラ登場。 すっかり新年の風物詩となったニューイヤーコンサート。新年を迎えた歓びを、今年もアーラで体感ください。
かに寄席 初席
2018/01/14 (日) 14:00
可児市文化創造センター 主劇場(宇宙のホール)(岐阜県可児市)
販売中
2,000円 ~ 4,000円(税込)
初笑いはかに寄席で。 出演:林家木久扇、瀧川鯉昇、玉川奈々福、一龍斎貞寿
文学座公演「真実」
2018/03/08 (木)~2018/03/10 (土)
可児市文化創造センター 小劇場(虹のホール)(岐阜県可児市)
2,000円 ~ 4,000円(税込)
二組の夫婦の浮気をめぐるドタバタコメディ かんちがい、おもいちがい、すれちがい、そして思い込み。 フランスのフロリアン・ゼレールの傑作戯曲(原題:La Verite)。2011年に初演されて以来、フランス国内だけでなく各国で絶賛を博している本作が、いよいよ文学座によって本邦初演される。 本公演はダブルキャストでお贈りいたします。 3月 8日(木曜日) 渡辺 徹 3月 9日(金曜日) 鍛治直人 3月10日(土曜日) 渡辺 徹
SPAC秋→春のシーズン2017 #2
変身
2017/11/13 (月)~2017/12/13 (水)
静岡芸術劇場(静岡県静岡市)
1,000円 ~ 4,100円(税込)
ある朝、自分が一匹の巨大な毒虫に変わっているのに気付いた――。カフカの名作を、ジャンルにとらわれない多彩な活躍で話題をさらう小野寺修二が演出。マイムをベースにした身体表現に台詞を取り入れる独自の手法で、非現実的な世界をスタイリッシュな舞台に変容させる。待望の再演
1706-01 タラス・シェフチェンコ記念ウクライナ国立バレエ
キエフ・バレエ「くるみ割り人形」
2017/12/28 (木) 13:30
アクトシティ浜松 大ホール(静岡県浜松市)
販売中
4,000円 ~ 8,500円(税込)
1708-05 NEW YEAR 2018
ウィンナー・ワルツ・オーケストラ ~宮殿祝賀コンサート~
2018/01/09 (火) 19:00
アクトシティ浜松 中ホール(静岡県浜松市)
販売中
6,000円(税込)
SPAC秋→春のシーズン2017-2018 #3
しんしゃく源氏物語
2018/01/13 (土)~2018/02/04 (日)
静岡芸術劇場(静岡県静岡市)
販売中
1,000円 ~ 4,100円(税込)
末摘花(すえつむはな)は、光源氏とのたった一度の逢瀬をたよりに荒れ果てていく屋敷で彼を待ち続ける。一途でのんき、時にピンボケな姫のふるまいに侍女たちは翻弄され…。1998年の初演から20年。SPAC最多上演の人気レパートリーが8年ぶりにシーズンプログラムに登場する。
SPAC秋→春のシーズン2017-2018 #4
ミヤギ能 オセロー ~夢幻の愛~
2018/02/11 (日)~2018/03/11 (日)
静岡芸術劇場(静岡県静岡市)
販売中
1,000円 ~ 4,100円(税込)
ヴェネツィアを救った黒い肌の軍人オセローと、ヴェネツィア貴族の娘デズデモーナのあまりにも純粋な恋。シェイクスピア四大悲劇のうちで最も痛切な「愛の物語」を、宮城聰が夢幻能形式でたどってゆく。『ハムレット』『真夏の夜の夢』『冬物語』に続く、宮城演出によるシェイクスピア作品第4弾。
オペラ「ルサルカ」
2018/01/27 (土) 14:00
静岡市民文化会館 大ホール(静岡県静岡市)
販売中
5,000円 ~ 9,000円(税込)
妖精が人間に恋をした――。 オペラ「ルサルカ」は、ヨーロッパに伝わる水の精伝説をもとに書かれた幻想的な物語。 ドヴォルザークの美しい旋律が、叶わぬ恋に身を投じた水の妖精ルサルカに襲いかかる悲劇を、 圧倒的なスケールで描き出します。 山田和樹と宮城聰のタッグで贈る、壮大なオペラの世界をお楽しみください。
1/1