中部 検索結果:18件

仲道郁代ピアノ・リサイタル
2017/11/11 (土) 14:00
可児市文化創造センター 主劇場(宇宙のホール)(岐阜県可児市)
販売中
2,000円 ~ 4,000円(税込)
鍵盤の神秘、そしてロマン。オール・ショパンに、酔いしれる秋。 人気、実力ともに日本を代表するピアニスト仲道郁代。 濃密なピアノの音と出会う心豊かなひととき。
風間杜夫 落語独演会
2017/12/22 (金) 18:00
可児市文化創造センター 小劇場(虹のホール)(岐阜県可児市)
販売中
1,500円 ~ 3,000円(税込)
玄人も裸足で逃げ出す絶品話芸。 名優 風間杜夫がお届けする落語の世界。豊富な経験を生かし、得意の古典落語を披露します。
新日本フィルハーモニー交響楽団
ニューイヤー・コンサート2018
2018/01/05 (金) 16:00
可児市文化創造センター 主劇場(宇宙のホール)(岐阜県可児市)
販売中
3,500円 ~ 7,000円(税込)
新年の寿ぎメニューは、マエストロのおまかせ。絶大な支持を誇るマエストロ広上、4度目のアーラ登場。 すっかり新年の風物詩となったニューイヤーコンサート。新年を迎えた歓びを、今年もアーラで体感ください。
かに寄席 初席
2018/01/14 (日) 14:00
可児市文化創造センター 主劇場(宇宙のホール)(岐阜県可児市)
販売中
2,000円 ~ 4,000円(税込)
初笑いはかに寄席で。 出演:林家木久扇、瀧川鯉昇、玉川奈々福、一龍斎貞寿
文学座公演「真実」
2018/03/08 (木)~2018/03/10 (土)
可児市文化創造センター 小劇場(虹のホール)(岐阜県可児市)
2,000円 ~ 4,000円(税込)
二組の夫婦の浮気をめぐるドタバタコメディ かんちがい、おもいちがい、すれちがい、そして思い込み。 フランスのフロリアン・ゼレールの傑作戯曲(原題:La Verite)。2011年に初演されて以来、フランス国内だけでなく各国で絶賛を博している本作が、いよいよ文学座によって本邦初演される。 本公演はダブルキャストでお贈りいたします。 3月 8日(木曜日) 渡辺 徹 3月 9日(金曜日) 鍛治直人 3月10日(土曜日) 渡辺 徹
KAAT×PARCOプロデュース公演
オーランドー
2017/10/18 (水) 13:00
まつもと市民芸術館 主ホール(長野県松本市)
3,800円 ~ 7,800円(税込)
速報!!白井晃演出『オーランドー』がまつもと市民芸術館で上演決定! 日本初演となる本作は、20 世紀モダニズム文学の重鎮で最も有名な女流作家のひとりであるヴァージニア・ウルフの代表作を、1974 年生まれのアメリカの劇作家サラ・ルールが翻案。サリー・ポッター監督の映画「オルランド」(1992 年)でも知られる人物オーランドーを、現代的に生き生きと甦らせます。
1706-02
ロシア国立モスクワ・クラシック・バレエ「くるみ割り人形」
2017/12/10 (日) 15:00
静岡市民文化会館 大ホール(静岡県静岡市)
販売中
6,000円 ~ 7,500円(税込)
SPAC秋→春のシーズン2017 #1
病は気から
2017/10/02 (月)~2017/11/02 (木)
静岡芸術劇場(静岡県静岡市)
販売中
1,000円 ~ 4,100円(税込)
蜷川幸雄氏から「1 万人のゴールド・シアター」を引き継ぐなど、今最も注目を集める演出家・ノゾエ征爾が、フランスを代表する劇作家・モリエールの喜劇をポップな現代劇に。病気だと思い込む主人公と、自分のことで精一杯のちょっとおかしな人々がくり広げるドタバタコメディ。
SPAC秋→春のシーズン2017 #2
変身
2017/11/13 (月)~2017/12/13 (水)
静岡芸術劇場(静岡県静岡市)
販売中
1,000円 ~ 4,100円(税込)
ある朝、自分が一匹の巨大な毒虫に変わっているのに気付いた――。カフカの名作を、ジャンルにとらわれない多彩な活躍で話題をさらう小野寺修二が演出。マイムをベースにした身体表現に台詞を取り入れる独自の手法で、非現実的な世界をスタイリッシュな舞台に変容させる。待望の再演
1706-01 タラス・シェフチェンコ記念ウクライナ国立バレエ
キエフ・バレエ「くるみ割り人形」
2017/12/28 (木) 13:30
アクトシティ浜松 大ホール(静岡県浜松市)
販売中
4,000円 ~ 8,500円(税込)
1/2 NEXT