当ページは
外国語
対応しておりません。
This page does not have the language content of your choice.

座・高円寺 夏の劇場07 日本劇作家協会プログラム
演劇集団ワンダーランド 『過激にして愛嬌あり 宮武外骨伝』

劇団名/タイトル

演劇集団ワンダーランド 第46回公演
『過激にして愛嬌あり 宮武外骨伝』
 

スタッフ

 
作・演出:竹内一郎

脚本協力:中島直俊
舞台美術:松野潤
作曲:日高哲英

音響:山﨑純一(TEO)
照明:根橋生江((有)ライティングユニオン)
衣装:吉田恭子(劇団俳小)
舞台監督:小松明人(幻奏ボレロ)
宣伝美術:松吉太郎
協力スタッフ:岡崎真弓
制作:浜田和美、中島直俊

協力:アークエムプロモーション、タイムリーオフィス、アイリンク、シーグリーン、トライストーン・アクティングラボ、オールスタッフ、芹川事務所
 
主催:一般社団法人演劇集団ワンダーランド

出演

 
武末志朗   松村穣 
岡本高英   中田寿輝 
本郷小次郎  高橋亜矢
桑島義明   嚴樫佑介
茨木学    木ノ下椿
北村りさ   葉山奈穂子
成澤奈穂   小川友暉
竹良光    遠田恵理香
髙橋明日香  三谷千季
光永勇輝   山田久海
 

発売情報

 
<チケット代/日時指定・全席自由(税込)>
一般 4,000円
・・・・・
学生 2,500円 ※劇団のみ取扱。当日要証明書。
 

公演日時/概要

 
<公演日時>

6/5(水)19:00
6/6(木)19:00
6/7(金)19:00
6/8(土)14:00☆/19:00
6/9(日)14:00

☆印=託児あり

・・・・・

<公演概要>

天下無敵の大稀人

ここ数年、横並びの好きな日本人にあって、己を通してきた「稀人伝」シリーズを取り上げてきた。今回は日本史上、稀人のキング・オブ・キングス。宮武外骨を取り上げる。
この人の面白さは短い文章では語り尽くせない。
明治から昭和にかけて、『滑稽新聞』などを発刊し、薩長藩閥政治を徹底的に批判した。その結果四度投獄される。
批判といっても、ユーモアとウィットに富み、絵にもセンスがあるし、何より洒落が効いている。奇想天外な方法を駆使して、政府批判を繰り広げる。
痛快とはこの人のためにある言葉かと思うほど。さらに茶目っ気がある。
これほど面白い人物だから、政界・財界にも支援者は多い。敵味方に簡単に分かれない巨きさが魅力である。
最晩年は東大法学部内に明治新聞雑誌文庫を創設する。これほどの博覧強記を東大も放っておけなかったのであろう。
もちろん、本作は現代の物語として蘇らせる。
今の日本に、宮武外骨のような人がいたら、さぞかし日々は面白かろうなあと考えて拵えた。こんな人がテレビに出ていたら、毎日見てしまいそうだ。
面白いのは、外骨よりも、スポンサーの慌てふためきぶりかもしれない。

――竹内一郎(公演チラシより)

・・・・・

<作者プロフィール>

竹内一郎(たけうち・いちろう)
1956年福岡県久留米市生まれ。
横浜国立大学卒。
劇作家・演出家・宝塚大学教授。
◆著書に『人は見た目が9割』(新潮新書)、『手塚治虫=ストーリーマンガの起源』(講談社、サントリー学芸賞)。
◆さいふうめいでの著作に『戯曲 星に願いを』(五月書房、文化庁・舞台芸術創作奨励賞佳作)、『哲也 雀聖と呼ばれた男』(講談社漫画賞)
 

公演・チケット詳細情報

  • 会場 座・高円寺1(東京都 杉並区)
    アクセス情報
  • 公演期間 2019/06/05(水) ~ 2019/06/09(日)
  • 価格 4,000円(税込)
  • お問合せ 座・高円寺チケットボックス
    TEL: 03-3223-7300


おすすめの関連チケット一覧

  • 第6回花乃公案
  • 雪やこんこん
  • 世界の果てからこんにちはII
  • 第五回記念文の会
  • ※公演中止※キエフ・バレエ「くるみ割り人形」

  • チケットジャンル・公演エリア検索 SEARCH

    各地域の会場からチケット情報をジャンル別、エリア別で探して選ぶ事ができます。



    過去の関連チケット一覧

  • 青年団プロデュース公演『馬留徳三郎の一日』
  • とりふね舞踏舎『燦・月譚―聞こえますか、私はここにいる―』
  • 東京戯園館『飴玉☆爆弾』
  • 劇団チャリT企画『それは秘密です。』
  • 燐光群『憲法くん』(プレビュー/自由席)

  • {{ message }}

    OK

    こちらの機能は
    ログインが必要です。

    販売元のサイトに移動します。

    OK
    キャンセル