当ページは
外国語
対応しておりません。
This page does not have the language content of your choice.
  • ポイント

中間アヤカ&コレオグラフィ
フリーウェイ・ダンス

概要

客席と舞台の境界線がまったくない、新感覚ダンス

※受付場所はフリースペースです。開演時刻に講堂へご案内します。
※入退場自由。開演より1時間半後に「フリマの時間」あり。(ごはんの時間ではなく、フリマの時間に変更になりました)
※来場者様への感染症対策は、当芸術祭の感染症対策ガイドラインに沿って講じます。

客席と舞台の境界線がまったくない、新感覚ダンス

国内外の多数の振付家の作品にダンサーとして参加し、自身でも作品制作を行う中間アヤカ。神戸を拠点に活動する90年代生まれの注目株だ。本作は、2019年に初演された中間のソロ作品『フリーウェイ・ダンス』を、京都版としてリ・クリエーションしたものとなる。
この作品では、中間が京都在住者等に「それぞれが初めて踊った時の記憶」を取材し、その「記憶」から中間のダンスが振り付けられる。会場空間を“造園”し、ごちゃごちゃとしたモノやコトで鏤め、4時間に及ぶ上演時間の中、「庭」で立ち上がるダンスは、極めて私的な記憶から出発しながら、小宇宙に広がるムーブメントのようであり、観客は、「庭」を自由に散歩しながら作品を体感していく。ここには、舞台も客席も、ダンサーと観客、作品が始まって終わるという仕切りすらなく、いわば「上演空間上のバーチャルな庭」ですべてが渾然一体となる心地よさがあるのだ。従来の創作方法を軽やかかつ過激に解体しながら、ダンス作品の可能性が新しく開かれる様子をぜひ目撃しよう。


中間アヤカ Ayaka Nakama
日本、兵庫

ダンサー。1992年大分県生まれ。神戸在住。
Rambert School of Ballet and Contemporary Dance (ロンドン)を卒業後、「国内ダンス留学@神戸」1期に奨学生として参加、ダンサー奨励賞受賞。近年では黒沢美香、木村玲奈、contact Gonzo、チェルフィッチュ等の作品に出演する傍ら、自身の作品制作も行う。2018年度よりDance Boxアソシエイト・アーティスト。2019年にDance Boxプロデュースにより 『フリーウェイ・ダンス』を発表。

公演・チケット詳細情報

  • 会場 京都芸術センター 講堂(京都府 京都市)
  • 公演期間 2021/03/19(金) ~ 2021/03/21(日)
  • 価格 1,000円 ~ 3,000円(税込)
  • お問合せ KYOTO EXPERIMENTチケットセンター
    TEL: 075-213-0820
  • 販売期間 2021/01/08(金) 11:00 ~ 2021/03/20(土) 23:59


おすすめの関連チケット一覧

  • 牧羊人 ライブパフォーマンス
  • もぐらたち & 上映会「Crash Park: The Life of an Island」
  • 擬娩
  • 京都イマジナリー・ワルツ
  • むくめく む

  • チケットジャンル・公演エリア検索 SEARCH

    各地域の会場からチケット情報をジャンル別、エリア別で探して選ぶ事ができます。



    過去の関連チケット一覧

  • 私がこれまでに体験したセックスのすべて
  • 水の象(かたち) パフォーマンス3
  • 水の象(かたち) パフォーマンス2
  • 水の象(かたち) パフォーマンス1
  • 川村毅作・演出『4』

  • {{ message }}

    OK

    こちらの機能は
    ログインが必要です。

    販売元のサイトに移動します。

    OK
    キャンセル