当ページは
外国語
対応しておりません。
This page does not have the language content of your choice.
  • ポイント

海辺のカフカ

2019年2月9日()10:00
GETTIIS/ゲッティーズ
一般販売開始!


舞台
海辺のカフカ
村上春樹x蜷川幸雄


世界を震わせた奇跡のコラボレーション。
豪華キャストを迎え、
2019年2月パリ公演 5月東京に凱旋!!

・岡本健一の画像データは、本件記事以外の用途での二次使用はできませんのでご注意ください。



ニューヨーク・タイムズ「年間ベストブック10冊」(2005年)や、世界幻想文学大賞(2006年)に選ばれた村上春樹の傑作長編小説を世界のニナガワが演出し注目を集めた舞台『海辺のカフカ』(2012年初演)。2015年には蜷川幸雄生誕80周年を記念しロンドン・ニューヨーク・埼玉・シンガポール・ソウルの5都市を巡る世界ツアーを行い、観客の度肝を抜く視覚的な仕掛けと繊細な演技で大旋風を巻き起こした。


その本作がフランスからの熱烈なオファーを受け、日仏友好160年を記念し開催される日本文化の祭典「ジャポニスム2018」*を締めくくる演目として2019年2月パリの国立コリーヌ劇場で上演される。そして5月には約5年ぶりとなる東京での凱旋公演が決定。古畑新之、柿澤勇人、高橋努、鳥山昌克、木場勝己といった前回公演で観客の心を鷲掴みにした座組みに今回新たに寺島しのぶ、岡本健一、木南晴夏ら人気と実力を兼ね備えたキャストが加わり、盤石の布陣で日仏公演に臨む。日本を代表する才能が集結し、世界を震わせた『海辺のカフカ』。東京ラストステージ、お見逃しなく!!


*ジャポニスム2018:響きあう魂とは

パリ内外の100近い会場を舞台に、2018年7月から2019年2月まで、美術展、舞台公演、映画、その他食や工芸などの生活文化まで含め、日本の芸術と文化を古典から現代まで幅広く紹介します。東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会を前に、日本文化の多様な魅力をパリに、またパリを通して世界に向けて伝えます。



公演スケジュール


◆東京凱旋公演

会場:TBS赤坂ACTシアター

(〒107-8006 東京都港区赤坂5-3-2 赤坂サカス内

2019年5月21日(火)~6月9日(日)

主催:TBS/ホリプロ

協力:新潮社/ニナガワカンパニー/ANA

企画制作:ホリプロ




ストーリー


15歳の「僕」は、父親と二人で暮らす東京の家を出る。

自分の分身ともいえるカラスに導かれて「世界で最もタフな15歳になる」と心に誓って。

名前は田村カフカ。そう名乗ることにした。

四国・高松を目指す長距離バスでは、若い美容師のさくらが旅の友となる。

カフカには目的の場所があった。旧家の邸宅を改装した甲村記念図書館だ。

そこでカフカは、司書を務める大島、当主の親戚にあたる佐伯と巡り合う。


一方、東京の中野区に住むナカタさんは、猫と会話ができる不思議な老人だ。

戦時中に事故に遭って以来、自分の影が半分なくなってしまったらしい。

近所の迷い猫を探すナカタさんの前に、ジョニー・ウォーカーなる男が現れた。

男はナカタさんにある取り引きを持ちかける。

そしてナカタさんもまた、何かに導かれるように四国へと向かう。

トラック運転手の星野は、そんなナカタさんを放っておけず、高松まで乗せていくことにした。


どうやらナカタさんが探しているのは「入り口の石」というらしい。

星野の前に突如現れたカーネル・サンダーズは、すべてお見通しのようだ。

そしてカフカは、『海辺のカフカ』という歌にまつわる佐伯の過去を知る。

重なるはずのない時間、出合うはずのない人々は、いつしか一つの点を結びつつあった。


15歳の誕生日に父親と共に過ごした家を出る。そして四国で身を寄せた甲村図書館で、司書を務める大島や幼い頃に自分を置いて家を出た母と思われる女性(佐伯)に巡り合い、父親にかけられた“呪い”に向き合うことになる。一方、東京に住む、猫と会話のできる不思議な老人ナカタさんは、近所の迷い猫の捜索を引き受けたことがきっかけで、星野が運転する長距離トラックに乗って四国に向かうことになる。それぞれの物語は、いつしか次第にシンクロし……。



スタッフ


原作:村上春樹


脚本:フランク・ギャラティ


演出:蜷川幸雄


翻訳:平塚隼介


演出補:井上尊晶


美術:中越司


照明:服部基


衣裳:前田文子


音響:高橋克司、鹿野英之


ヘアメイク:河村陽子


音楽:阿部海太郎


舞台監督:平井徹


技術監督:小林清隆


プロダクション・マネージャー:金井勇一郎


 


キャスト



佐伯/少女:寺島しのぶ

‘カフカ’が高松で通う甲村記念図書館の管理をしている女性。


大島:岡本健一

‘カフカ’が高松で通う甲村記念図書館の司書。


カフカ:古畑新之

15歳の少年。父親に与えられた「ある呪い」から逃れるため家出をする。


カラス:柿澤勇人

‘カフカ’の分身。‘カフカ’にアドバイスを与える謎の人物。


さくら:木南晴夏

‘カフカ’が高松へ行く道中で出会う美容師の女性。


星野:高橋 努

‘ナカタ’と道中をともにするトラック運転手。


カーネル・サンダーズ:鳥山昌克

‘星野’と高松で出会うポン引き。


ナカタ:木場勝己

猫探しを得意とする男性。幼少のころ「ある事件」に遭遇し、すべての記憶と読み書きの能力を失ったが、代わりに猫と話ができるようになった。


 


新川將人、 妹尾正文、 マメ山田、 塚本幸男、 堀文明、 羽子田洋子、 多岐川装子、 土井ケイト、 周本絵梨香、 手打隆盛、 玲央バルトナー

・岡本健一の画像データは、本件記事以外の用途での二次使用はできませんのでご注意ください。



ムービー


12 Quick Questions-12のクイック・クエスチョン-



【HAYATO KAKIZAWA 柿澤勇人】HORIPRO STAGE presents 12 Quick Questions 12のクイック・クエスチョン

公演・チケット詳細情報

  • 会場 TBS赤坂ACTシアター(東京都)(東京都 港区)
    アクセス情報
  • 公演期間 2019/05/21(火) ~ 2019/06/09(日)
  • 価格 10,800円(税込)
  • お問合せ ホリプロチケットセンター(Horipro Ticketcenter)
    TEL: 03-3490-4949
  • 販売期間 2019/02/09(土) 10:00 ~ 2019/05/16(木) 23:59


おすすめの関連チケット一覧

  • 閑能会 6月
  • 第四回三人の会
  • 第三回武田宗典之会
  • 中村雅俊45thアニバーサリー公演
  • 観世会定期能7月

  • このチケットも売れています PICK UP


    チケットジャンル・公演エリア検索 SEARCH



    過去の関連チケット一覧

  • 祝5回!橘菊太郎劇団in座・高円寺『仲夏の大衆演劇まつり』
  • 劇団桃唄309 『アミとナミ』
  • 第48回正門別会
  • 第一回 高円寺特選演芸会
  • 化粧二題 【東京公演】

  • {{ message }}

    OK

    こちらの機能は
    ログインが必要です。

    販売元のサイトに移動します。

    OK
    キャンセル