• 座席選択

眠くならずに楽しめる能の名曲

出演・曲目・カード

トーク「土蜘蛛の正体」中村雅之(横浜能楽堂館長)
狂言「仏師」(大蔵流)善竹隆平
能「土蜘蛛」(観世流)坂真太郎
替間「土隠」(大蔵流)善竹隆司

概要

能はよく「眠くなる」と言われます。しかし、けっして眠くならない曲もあります。その代表とも言えるのが「土蜘蛛」。
上演前の解説では、登場人物について、舞台進行など、曲を理解する上で手助けとなるポイントをしっかり解説します。併せて、華やかさだけでない能「土蜘蛛」について、新たな視点からその魅力をご紹介します。

曲目解説


狂言「仏師」

ある信心深い田舎人が、持仏堂に祀る仏像を探すため都へ出かけます。都で仏師を探していると、田舎者は都のすっぱ(詐欺師)に声をかけられます。すっぱはまんまと田舎者をだまし、仏像を明日までに作る約束をします。ところがこのすっぱは、楊枝一本削ったことがありません。そして約束の次の日、すっぱは面をかぶって仏像になりすましますが、、、。



能「土蜘蛛(つちぐも)土隠(つちごもり)」

病床に臥せる源頼光のもとに怪しい僧(土蜘蛛の精)が現れ、巣糸を投げかけ襲いかかります。頼光は、病床より跳ね起き、太刀で切り付け応戦します。騒ぎを聞き、駆け付けた独武者は、従者とともに血痕を辿り、葛城山の古塚へと行き当たります。古塚を崩しにかかると、塚の内より土蜘蛛の精が現れ、独武者たちと土蜘蛛との戦いが始まります。

蜘蛛の糸を投げかける場面は、美しくも迫力ある見せ場です。また、今回は「土隠」という小書(特殊演出)がつき、間狂言が通常と変わります。土蜘蛛の精の立場から、一族の悲しい物語を描く替間「土隠」は平成29年に善竹隆司によって演出され、文化庁芸術祭賞を受賞しました。

公演・チケット詳細情報

  • 会場 横浜能楽堂 本舞台(神奈川県横浜市)
  • 公演期間 2018/12/16(日) 14:00
  • 料金 3,000円 ~ 4,000円 (税込)
  • お問合せ 横浜能楽堂
    TEL: 045-263-3055
  • 販売元 横浜能楽堂
  • 販売期間 2018/09/08(土) 12:00 ~ 2018/12/15(土) 23:59

新着チケット

2018/12/08 (土) 13:00

藤間勘十郎 春秋座 名流舞踊公演

開演間近

2018/09/22 (土) 18:00

東京ELEMENTS×課題曲~木管五重奏による往年の課題曲名曲選~

チケットジャンル・公演エリア検索 SEARCH


チケット申込

{{ message }}

OK

こちらの機能は
ログインが必要です。

販売元のサイトに移動します。

OK
キャンセル