当ページは
外国語
対応しておりません。
This page does not have the language content of your choice.
  • ポイント

プーク人形劇場 新作!春の公演
スイミー/ゆうびん屋さんのお話

 世代を越えて親しまれている『スイミー』が新作の人形劇になりました。
 同時上演にはチェコを代表する作家、カレル・チャペックの『ゆうびん屋さんのお話』。春のお出かけ日和、ぜひ劇場に足をお運びください。

『スイミー』
 大きな魚から一匹だけ逃げのびた小さな魚スイミー。悲しみの中、旅に出たスイミーは、さまざまなものに出会い元気を取り戻し…。

* * *

「スイミー」舞台化を 演出/岡本和彦
 作者レオ・レオニは、絵本「あおくんときいろちゃん」「フレデリック~ちょっとかわったのねずみのはなし~」などで知られていますが、この「スイミー~ちいさなかしこいさかなのはなし~」も他の作品同様に、豊かな色や技法で、世界を美しく表現しています。アートの世界では「スイミー技法」と呼ばれるそうで、板の上の絵の具に紙を乗せて刷り出す技法が用いられ、二度と同じものが出来ない、偶然の重なり合いからできているのです。その美しさにどこか深い意味合いがあるような世界です。
 『スイミー』は小学校の教科書に登場する反面、とても深い主題を持った社会的な映画にも登場します。その中身はなかなか一筋縄ではいかないのかもしれません。しかし、保育園、幼稚園の発表会や音楽劇などでとても親しみ深く上演されていて、入り口は大きく、中に入ると、とても深く広がりがあるに違いありません。
 今、私たちはその舞台化に取り組んでいます。若々しい脚本家と美術家を先頭に、ベテランたちも加わって、ワンチームの精神で力強い舞台を目指しています。

『ゆうびん屋さんのお話』
 仕事で疲れたゆうびん配達のコルババさんは、ついゆうびん局でうたたねをしてしまいます。夜になり目がさめたコルババさんは、手紙をカードにしてゲームをしているゆうびん局の精たちに出会いました。精たちは中を見なくても、その手紙がまごころのこもったものかわかるのです。ゲームに加わったコルババさんが引き当てた手紙は、ハートのエースでした。ところが、その手紙には差出人の名もあて名も書いておらず…? 

 

【公演ホームページ】https://puk.jp/swiyuu/

公演・チケット詳細情報

  • 会場 プーク人形劇場
    アクセス情報
  • 公演期間 2024/03/16(土) ~ 2024/03/24(日)
  • 価格 3,300円(税込)
  • 問い合わせ 人形劇団プーク
    TEL: 03-3370-3371
  • 販売期間 2024/01/18(木) 12:30 ~ 2024/03/24(日) 09:30


おすすめの関連チケット一覧

  • スイミー/ゆうびん屋さんのお話
  • 卯月の独り看板 桂 吉弥
  • ちいさき神の、作りし子ら
  • 銕仙会青山能〈4月〉
  • T-gene stage「囚われた5人?」

  • チケットジャンル・公演エリア検索 SEARCH

    各地域の会場からチケット情報をジャンル別、エリア別で探して選ぶ事ができます。



    過去の関連チケット一覧

  • 霧と風からきいた話/ひとまねアヒル
  • 12の月のたき火
  • 霧と風からきいた話/ひとまねアヒル
  • こぎつねコンとこだぬきポン/みにみに劇場 Vol.1五味太郎
  • おれはママじゃない!/ヤン助とヤン助とヤン助と

  • {{ message }}

    OK

    こちらの機能は
    ログインが必要です。

    販売元のサイトに移動します。

    OK
    キャンセル