当ページは
外国語
対応しておりません。
This page does not have the language content of your choice.

2023年8月26日五蘊会

  • ポイント

2023年公演
五蘊会

概要

本年の五蘊会は、残暑厳しい時季に季節を先取り、秋の演目二題をご用意させていただきます。
華やかな夏のあとの、少しもの寂しい秋の風情を哀しむ中に、それを味わう感性を我々は昔から供えております。

先ず初番は「清経」。
今回は「音取(ねとり)」という笛方による特別演出です。
音取とは笛一管の音のみの演奏を指し、清経の演目にこの二文字が付くと、笛の名手である清経の亡霊がどこからともなく聞こえてくる笛の音に惹かれて妻の夢枕に現れる特別な演出となります。笛方にとってはとても重い習い事となり、登場するシテも笛の呼吸をしっかりつかみ取って橋掛を歩まなければなりません。
数年前、吉祥寺の月窓寺薪能にて一噌隆之師の笛で勤めさせていただきました。月光の下の素晴らしい舞台でした。いずれ本舞台でまた、という隆之師との約束を実現させていただきました。
西海に浮かむ月に後世の救いを求め沈んでいかなければならなかった若き公達清経、その姿に現世に通ずるものは何かを考えながら勤めさせていただきます。

二曲目は「黒塚」。山間の安達原の黒塚に棲む鬼女のお話です。
あらすじはわかりやすい内容ですが、人を殺め続けるシテはその本性を現す前の姿、前シテの姿には山間に独り住む孤独の悲しみ、生きる事の辛さ、人の原罪からの救いを求める言葉がつらねられています。
そして鬼とならざるを得なかった彼女の境遇が、前場の演出小道具にある枠かせ輪、糸繰の道具を回す事によって輪廻の苦しみとして暗示されます。
罪と意識しながらも止められぬ人の弱さはどの時代にも通ずる我々の生きるテーマです。
能の舞台に現れる鬼は、いつも誰しもの心の中に存在する闇を突き出してくれます。
後シテの姿が白頭の演出になりますと、シテの棲家である柴家にススキを取り付けます。それだけでも秋の風情が舞台に広がります。

夏の終わり都会の真っ只中に海と山の秋を感じていただければと思っております。
是非お運びくださいませ。

 

ホームページ:友枝家の能 (tomoeda-kai.com)

能「清経 音取」シテ友枝雄人

狂言「雁大名」シテ野村万蔵

能「黒塚 白頭」シテ友枝雄人

公演・チケット詳細情報

  • 会場 セルリアンタワー能楽堂
    アクセス情報
  • 公演期間 2023/08/26(土) 13:00
  • 価格 4,000円 ~ 12,000円(税込)
  • 問い合わせ 友枝雄人
    TEL: 03-5950-4543
  • 販売元 友枝雄人
  • 販売期間 2023/05/26(金) 11:00 ~ 2023/08/26(土) 13:00


おすすめの関連チケット一覧

  • 劇団文化座公演166 花と龍
  • ミラージュ
  • ふしぎな木の実の料理法~こそあどの森の物語~
  • 若竹能 2月公演
  • 純平、考え直せ

  • チケットジャンル・公演エリア検索 SEARCH

    各地域の会場からチケット情報をジャンル別、エリア別で探して選ぶ事ができます。



    過去の関連チケット一覧

  • 梅若研能会 十一月公演
  • 梅若研能会 九月公演
  • 復曲能を観る会 東京公演
  • 創作舞『雨ニモマケズ』
  • 第二回樂之会

  • {{ message }}

    OK

    こちらの機能は
    ログインが必要です。

    販売元のサイトに移動します。

    OK
    キャンセル