photo: Pascal Victor

原作:ゲオルク・トラークル 演出:クロード・レジ

『夢と錯乱』REVE ET FOLIE

出演・曲目・カード

演出:クロード・レジ Claude Regy
出演:ヤン・ブードー Yann Boudaud

概要

フランス演劇界において、もっとも正統的かつ過激な演出家であるクロード・レジの、《最後》の作品。
オーストリアの夭折の詩人、ゲオルク・トラークルの描く自伝的エクリチュールが、
徹底的なテキスト探求によって、禁欲的で硬質な舞台表象として現れる。

『夢と錯乱』
作:ゲオルク・トラークル Georg Trakl
仏語訳:ジャン=クロード・シュネデール、マルク・プティ(ガリマール社)

フランスの演出家。1923年生まれ。特定の劇場や劇団に属することなく、独自の理念で、主に同時代の作家の作品を上演し続けている。1952年から活動をはじめ、初期にはガルシア・ロルカやメーテルリンクなどを演出していたが、1960年代にマルグリット・デュラスの作品と出会い、『イギリスの恋人』(マドレーヌ・ルノー主演、1969)などを演出。さらに1965年からはピンター、オズボーン、ストッパードなど英米の作品を手がけ、1970年代以降はナタリー・サロート作品上演の一方で、ペーター・ハントケ(ジャンヌ・モロー主演『ボーデン湖の騎行』1974)、ボート・シュトラウス(『再会の三部作』1980)などのドイツ語圏戯曲の紹介にも勤める。メーテルリンクの『内部』(1986)やアンリ・メショニック訳の聖書の一部をもとにした『賢者の言葉』(1995)では、言葉や声に関する徹底した探求の成果が見られた。90年代以降ではノルウェーの現代作家ヨン・フォッセの『だれか、来る』(1999)やサラ・ケイン『4時48分サイコシス』(イザベル・ユペール主演、2002)などでの刺激的な舞台で話題を集めた。2009年にはフェルナンド・ペソア作『海の讃歌(オード)』を発表、翌2010年に初来日公演として、静岡と京都芸術劇場春秋座にて上演。1981年以降、パリ国立俳優学校(コンセルヴァトワール)で教鞭をとり、その著作によっても、多くの若い演出家や俳優に影響を与えている。本作『夢と錯乱』は、2016年に93歳で演出。クロード・レジ自身、本作は最後の作品になると語っている。 photo: Julien Bourgeois

公演情報

  • 会場 京都芸術劇場春秋座 特設客席(京都府京都市)
  • 公演期間 2018/05/05(土) ~ 2018/05/06(日)
  • 料金 2,000円 ~ 4,000円 (税込)
  • お問合せ 京都芸術劇場チケットセンター
    TEL: 075-791-8240
  • 販売元 京都芸術劇場

新着チケット

2018/06/20 (水)

リボンの騎士―県立鷲尾高校演劇部奮闘記2018―

開演間近

2018/04/27 (金) 18:00

SAKURAカクテルパーティーWith桜庭和チャペルコンサート

ジャンル・エリア検索 SEARCH


{{ message }}

OK

こちらの機能は
ログインが必要です。

販売元のサイトに移動します。

OK
キャンセル