当ページは
外国語
対応しておりません。
This page does not have the language content of your choice.

罪と罰

地点と三浦基の“次の10年”幕開けを飾る新作。

 

チェーホフとスタニスラフスキーを生んだ演劇の国・ロシアの劇場から舞い込んだのは、『罪と罰』を演出してほしいというラブコールでした。この作品は2020年6月に、小説の舞台でもあるロシア・サンクトペテルブルクで、国立ボリショイ・ドラマ劇場(BDT)のレパートリー作品として現地の所属俳優により上演されることが決定しています。彼の地での初演を前に、世界中のどこよりも早く、三浦基演出『罪と罰』をお楽しみください。

 

黙示録の都サンクトペテルブルクの片隅に生きる元大学生の脳裏に妄想が宿る。

選ばれた天才は、凡人の権利を踏みにじることができる! 

高利貸し老女の殺人に踏み出した青年の真の動機とは、何か? 

彼は、悪魔か、犠牲者か、人類の解放者か。

二極化したグローバル社会の悲劇を予言する書、それが『罪と罰』だ。

亀山郁夫

公演・チケット詳細情報



おすすめの関連チケット一覧

  • キエフ国立バレエ学校「コッペリア」

  • チケットジャンル・公演エリア検索 SEARCH

    各地域の会場からチケット情報をジャンル別、エリア別で探して選ぶ事ができます。



    過去の関連チケット一覧

  • 演じる高校生
  • KUNIO15『グリークス』
  • 海の上のピアニスト
  • 演じる高校生
  • レジェンド・オブ・LIVE II(セカンド)

  • {{ message }}

    OK

    こちらの機能は
    ログインが必要です。

    販売元のサイトに移動します。

    OK
    キャンセル