当ページは
外国語
対応しておりません。
This page does not have the language content of your choice.

座・高円寺 夏の劇場08 日本劇作家協会プログラム
劇団桃唄309 『アミとナミ』

劇団名/タイトル

劇団桃唄309
『アミとナミ』
 

スタッフ

 
戯曲・演出・音楽:長谷基弘

舞台監督:松本憲治
照明:伊藤馨
音響:竹下好幸

運営制作:山田杏子(鼬屋)


企画・製作:ウィンドミルオフィス/劇団桃唄309
提携:NPO法人劇場創造ネットワーク/座・高円寺

協力:ヘリンボーン、terrace、office HATTA、劇団ひまわり、アスタリスク、カムカムミニキーナ

助成:芸術文化振興基金
 

出演

 
楠木朝子
佐藤達
國津篤志
山西真帆
富山聡子
小林あや
五十嵐ミナ(office HATTA)
竹田まどか
石坂純(劇団ひまわり)
中嶌聡
元尾裕介(カムカムミニキーナ)
綾田將一
キタタカシ
中野架奈
山口泰央(劇団ひまわり)
 

発売情報

 
<チケット代金/全席指定・税込>
一般(前売・当日共) 4,000円
・・・・・
以下のチケットは劇団のみ取扱い。
◎はや割 3,500円
 ※5/15(水)までのお申込み限定。5/20(月)までにご入金ください。
◎学生(前売・当日共) 2,000円 
 ※当日要学生証
◎小中高生(前売・当日共) 1,000円
 ※小学生のお客様は保護者と一緒にお越しください

公演概要


<公演のご紹介>
劇団桃唄309jは、2015年にハンセン病を題材にした中編を二編制作。
翌2016年に今を生きる私たちの問題として、同題材を扱った現代劇『風が吹いた、帰ろう』を、上演しました。
2017年、香川県の国立療養所高松青松園が見える劇場で、『風が吹いた、帰ろう』を再演。

2019年6月、再び「ハンセン病」と向き合った作品を上演します。

ハンセン病問題は、私たちの歴史にそびえ立つ恥と言えます。
今もなお差別や偏見や無理解にされされた方がいます。
「人間がこんなにひどいことができる」は、この問題を扱えばいくらでも描けます。
ですが今回の作品『アミとナミ』では、この問題を扱うからこそ描ける「善性」や「尊さ」に深くフォーカスしていきます。
苦しみや無関心の狭間から浮かび上がる、人の奥底に潜むあたたかさ。
そんな新作劇をお届けします。

・・・・・

<公演日時>
6/12(水)19:00
6/13(木)19:00
6/14(金)14:00☆/19:00◎
6/15(土)14:00☆◆/19:00
6/16(日)14:00

☆印=託児サービスあり(詳細は座・高円寺まで)
◎印=終演後、ポストパフォーマンストークあり
◆印=終演後、バックステージツアーあり(参加無料/ご予約は劇団まで)

公演・チケット詳細情報

  • 会場 座・高円寺1(東京都 杉並区)
    アクセス情報
  • 公演期間 2019/06/12(水) ~ 2019/06/16(日)
  • 価格 4,000円(税込)
  • お問合せ 座・高円寺チケットボックス
    TEL: 03-3223-7300


おすすめの関連チケット一覧

  • バレエ「ドラゴンクエスト」全2幕
  • 三遊亭円楽 柳家三三 二人会
  • 観世会荒磯能 十月
  • 私はだれでしょう
  • 山階会

  • チケットジャンル・公演エリア検索 SEARCH

    各地域の会場からチケット情報をジャンル別、エリア別で探して選ぶ事ができます。



    過去の関連チケット一覧

  • 虚構の劇団『日本人のへそ』
  • OFFICE SHIKA PRODUCE『罪男と罰男』
  • 糸あやつり人形一糸座『おんにょろ盛衰記』
  • 燐光群『憲法くん』(11/30~12/8上演回)
  • TOKYOハンバーグ『人間と、人間と似たものと。』

  • {{ message }}

    OK

    こちらの機能は
    ログインが必要です。

    販売元のサイトに移動します。

    OK
    キャンセル