当ページは
外国語
対応しておりません。
This page does not have the language content of your choice.

座・高円寺 秋の劇場13
男たちの中で

タイトル

座・高円寺レパートリー公演
『男たちの中で』
IN THE COMPANY OF MEN

スタッフ

原作:エドワード・ボンド(Edward Bond)

翻訳:堀切克洋

演出・上演台本:佐藤 信

ドラマトゥルク:ダヴィッド・テュアイヨン(David Tuaillon)
上演台本協力:石井 惠

照明:齋藤茂男
音響:島猛
映像:浜嶋将裕
美術:長尾真莉子
衣裳:森 亮介
擬闘:栗原直樹(WGK)

演出助手:鈴木章友
舞台監督:佐藤昭子
 

出演

松田慎也
服部吉次
山口賢人
大森博史
河合龍之介
小須田康人

(登場順)
 

発売情報

≪チケット代金≫
全席指定・税込
4,300円
-----
※障がい者手帳をお持ちの方は、座・高円寺チケットボックス(窓口・電話)でのご予約に限り1割引。
※劇場のお得な回数券「なみちけ」もご利用いただけます。
 「なみちけ」一般用4枚つづり12,000円/シルバー・U22用10,000円
 

上演日程・公演概要

≪上演日程≫
2020年
10/17(土)14:00★
10/18(日)14:00
10/19(月)19:00
10/20(火)19:00
10/21(水)14:00★
10/22(木)14:00★
10/23(金)19:00
10/24(土)14:00★
10/25(日)14:00
★印=有料託児サービスあり(観劇日1週間前までに要予約)

・・・・・

≪公演概要≫

軍需企業の買収をめぐる男たちの二重三重の駆け引き、
その果てに待ち受ける結末とは――。

ハロルド・ピンター等と並び、イギリス演劇を代表する劇作家の一人、エドワード・ボンド。
座・高円寺のレパートリー作品として、昨年、日本で初上演となった『男たちの中で―In the Company of Men―』は、巨大軍需企業をめぐる人間模様を描いた戯曲です。
資本主義社会と、さらにその先の未来を見つめるボンドの視線……。

父と息子、部下、敵対企業……大企業を掌握し、世界を支配しようとする駆け引きの中で、政治権力の構造を露呈し、権力が人間性を奪うことを、硬派な筆致で鮮やかに描きます。

ネオ・リベラリズムとグローバリズムに支配される現代、
ともすれば人間性が欠落する世界の中で、人間的であるにはどうしたら良いのか。

銃器製造・販売の老舗企業の社長に大森博史、父の愛を渇望する息子に松田慎也。
父子を翻弄する老獪な秘書に服部吉次、乗っ取りをたくらむ敵対企業の経営者に小須田康人、
それに加担する中小企業の跡取り息子に河合龍之介、素性不明な使用人に山口賢人。

10年以上にわたりボンド作品に関わりつづける佐藤 信が、
個性豊かな6人の俳優たちと共に、戯曲の核心にアプローチします。

緊張と滑稽、そして絶望、その先に待ち受けるものは何か――。

6人の男たちが繰り広げる見応えある物語。
硬派で濃密な時間を劇場でお過ごしください。
 
・・・・・

こちらもご覧ください  座・高円寺Twitter
https://twitter.com/za_koenji_WEB
 

公演・チケット詳細情報

  • 会場 座・高円寺1(東京都 杉並区)
    アクセス情報
  • 公演期間 2020/10/17(土) ~ 2020/10/25(日)
  • 価格 4,300円(税込)
  • お問合せ 座・高円寺チケットボックス
    TEL: 03-3223-7300


おすすめの関連チケット一覧

  • 第4回武田宗典之会
  • 観世会定期能11月
  • 第14回MUGEN∞能 東京公演
  • 「小泉八雲 怪談の協奏」
  • 鸞ノ会 親子三代能

  • チケットジャンル・公演エリア検索 SEARCH

    各地域の会場からチケット情報をジャンル別、エリア別で探して選ぶ事ができます。



    過去の関連チケット一覧

  • ピノッキオ
  • フランドン農学校の豚
  • 銕仙会 新作能『長崎の聖母』『ヤコブの井戸』
  • 劇団チャリT企画『うちのばあちゃん、アクセルとブレーキ踏み間違えた』
  • 座・高円寺ダンスアワード2特別編

  • {{ message }}

    OK

    こちらの機能は
    ログインが必要です。

    販売元のサイトに移動します。

    OK
    キャンセル