当ページは
外国語
対応しておりません。
This page does not have the language content of your choice.
  • 人気急上昇
  • 座席選択
  • ポイント
  • クレジットカード
  • セブン‐イレブン

1808-04 サンクトペテルブルグ室内合奏団
クリスマス/アヴェ・マリア

出演予定

コンサートマスター/イリヤ・ヨーフ 
ソプラノ/マリーナ・トレグボヴィッチ、ヴェラ・チェカノヴァ
サンクトペテルブルグ室内合奏団
※ソプラノ歌手は来日する2名のうち、公演ごとにいずれか1名が出演する予定です。

曲目

J.S.バッハ(グノー編曲)、シューベルト、カッチーニ:三大アヴェ・マリア、J.S.バッハ:G線上のアリア、ヴィヴァルディ:「四季」より“冬”、マスネ:タイスの瞑想曲、パッヘルベル:カノン、サン=サーンス:白鳥(「動物の謝肉祭」より)、フォーレ:ピエ・イエス ほか

概要

豊かな弦のハーモニーと幻想的なハープの響き、透き通ったソプラノの歌声が聖夜を彩る。
バロックの傑作をはじめとした名曲の数々を、心をこめてお届けします。

心温まる美しい弦の音色と清らかなソプラノの歌声。
ロシア随一の芸術の都で活躍する室内合奏団によるクリスマスコンサート。

 表現力豊かで息の合った弦楽器と清らかなソプラノの歌声。音楽の魅力を改めて感じさせ、心を満たしてくれるメロディーの数々。ロシアだけでなく、世界各地で活躍する優秀なアーティストを集めたサンクトペテルブルグ室内合奏団が、今年もクリスマスにぴったりの名曲を届けにやって来る。
 この合奏団が初めて日本にやってきたのは、2000年のクリスマス。以来このステージを見なければクリスマスを迎えられないという多くのファンの期待に応え、今年で19年連続となる来日コンサート。豊かな音色でしっとりと聴かせながらも心地よいテンポで進む音楽、そして何といってもピアニッシモの素晴らしさ。リーダーでありヴァイオリンの名手、イリヤ・ヨーフのパフォーマンスも見どころの一つで、「タイスの瞑想曲」、「四季」より“冬”ではソロヴァイオリンを美しく響かせる。
 基本編成は弦楽合奏(ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロ、コントラバス)。曲目によりそれらに、ソプラノやハープが加わりさらに彩りを加える。ソプラノによって歌われるJ.S.バッハ、シューベルト、カッチーニの偉大な3人の作曲家によって作られた「アヴェ・マリア」では、弦楽器と調和し、豊かに響き渡る歌声に心を奪われる。長きにわたり多くの人に愛されてきたこれらの曲に演奏家たちが息を吹き込み、聖母マリアの優しさを感じられる至福の「アヴェ・マリア」を堪能できるだろう。
 これら名曲の数々を最高の演奏で聴かせてくれる特別なコンサート。クラシックで楽しむクリスマスは格別な思い出になるだろう。


出演予定

Ilya Ioff

イリヤ・ヨーフ(コンサートマスター)

1984年から1990年までサンクトペテルブルグ高等音楽院で学ぶ。ソリストとして、またアンサンブルのメンバーとして、マルタ・アルゲリッチ、マリス・ヤンソンス、ユーリ・テミルカーノフら著名な音楽家とヨーロッパ各国やアメリカで共演。バッハからバーンスタインまでレパートリーは数多く、パガニーニ、モーツァルト、ブラームス、ドヴォルザーク、シュニトケなどの作品のCD録音もしている。現代のサンクトペテルブルグの作曲家の新作を初演し、サンクトペテルブルグ高等音楽院で教鞭も執るなど幅広く活躍している。現在サンクトペテルブルグ室内合奏団の芸術監督としても才能を発揮し、多様な分野への積極的なアプローチでロシア、ヨーロッパ、アメリカの聴衆から好評を得ている。ミュンヘン国際音楽コンクール特別賞。イタリアのヴィオッティ国際音楽コンクール優勝。2002年ロシア功労芸術家の称号を授与される。


Marina Tregubovich

マリーナ・トレグボヴィッチ(ソプラノ)

ミハイロフスキー歌劇場ソリスト。リムスキー=コルサコフ記念サンクトペテルブルグ音楽院卒業。主なレパートリーは、プッチーニ「トスカ」のトスカ、ヴェルディ「オテロ」のデズデモーナ、「リゴレット」のチェプラーノ伯爵夫人、「レクイエム」のソリストなど。数多くのオペラ作品で主役を歌う。ロシアでの活躍のほか、ドイツ、日本公演にも参加。オペラ作品に加え、宗教曲や交響曲などにもソリストとして出演するなど広く活躍している。

Vera Chekanova

ヴェラ・チェカノヴァ(ソプラノ)

リムスキー=コルサコフ記念サンクトペテルブルグ音楽院および大学院卒業。2007年にミハイロフスキー劇場にてヴェルディ「椿姫」ヴィオレッタ役でデビュー。主なレパートリーはヴェルディ「リゴレット」のジルダ、モーツァルト「フィガロの結婚」の伯爵夫人、ビゼー「カルメン」のミカエラなど。ロシアをはじめヨーロッパなどコンクールでも多数入賞。芯のある透き通った歌声で教会での演奏も好評を得ている。


※ソプラノ歌手は来日する2名のうち、公演ごとにいずれか1名が出演する予定です。



St.Petersburg Chamber Ensemble Divertissement
サンクトペテルブルグ室内合奏団

ロシアが誇る芸術の都、サンクトペテルブルグで結成された室内合奏団。次代を担う才気あふれる若手奏者と経験豊かなベテラン奏者が交じり、抜群のチームワークと調和のとれた演奏で高い評価を得ている。メンバーはクラシックを中心にジャズなど多彩なジャンルをレパートリーに持ち、様々なオーケストラ、歌手などと演奏をともにする実力派。同合奏団としても古典音楽の他に映画音楽や子供向けのコンサートを行うなど幅広く活動している。





サンクトペテルブルグ室内合奏団
クリスマス/アヴェ・マリア

他会場を含む公演日程を見る

公演・チケット詳細情報

  • 会場 東京オペラシティ コンサートホール(東京都 新宿区)
    アクセス情報
  • 公演期間 2018/12/08(土) ~ 2018/12/25(火)
  • 価格 4,500円(税込)
  • お問合せ 光藍社チケットセンター
    TEL: 050-3776-6184
  • 販売期間 2018/08/22(水) 10:00 ~ 2018/12/25(火) 09:30


おすすめの関連チケット一覧

  • 第九&第七
  • ウィンナー・ワルツ・オーケストラ ~宮殿祝賀コンサート~
  • チェコ国立ブルノ・フィルハーモニー管弦楽団
  • 聖夜のトランペット
  • クリスマス・スペシャル・クラシックス

  • チケットジャンル・公演エリア検索 SEARCH



    過去の関連チケット一覧

  • サンクトペテルブルグ室内合奏団
  • ウィンナー・ワルツ・オーケストラ ~宮殿祝賀コンサート~
  • 第九&未完成
  • クリスマス/アヴェ・マリア
  • クリスマス・スペシャル・クラシックス

  • チケット申込

    {{ message }}

    OK

    こちらの機能は
    ログインが必要です。

    販売元のサイトに移動します。

    OK
    キャンセル