当ページは
外国語
対応しておりません。
This page does not have the language content of your choice.
  • ポイント

sound tectonics#21
NON-OPTIMIZED SOUND

出演

goat
悪魔の沼 (COMPUMA、Dr.NISHIMURA、AWANO)
パードン木村

概要

一様にカテゴライズできない、明確なヴィジョンと突出したオリジナリティをもった3組のアーティストによるライブ・コンサートです。深みを目指し強度ある音楽を試み続けるアーティストたちのステージを、YCAMが誇るハイクオリティの音響環境でぜひご堪能ください!

発売情報

【発売日】
2018年6月2日(土)10:00~

※未就学児入場不可。
 託児あり・7/14(土)までにチケットインフォメーションに要申込。
※特別割引(65歳以上と障がい者および同行の介護者が対象)は、電話予約・窓口販売のみ。
※車椅子席については、事前にお問い合わせください。
※インターネット予約は2日前の18:00までとなります。それ以降はチケットインフォメーションにお電話ください。

カテゴライズの向こう側―
創造と深化のサウンドコラージュ!

国内外の最先端のサウンド・アート、音楽表現を紹介するライブコンサートシリーズ「sound tectonics(サウンド・テクトニクス)」の第21弾です。今回は、3組のミュージシャンによるライブ・コンサートを開催します。

今回出演する、goat、悪魔の沼、パードン木村はそれぞれ一様にカテゴライズできない、明確なビジョンと突出したオリジナリティを持ったミュージシャンです。深みを目指し、強度ある音楽を試みる彼らのステージを、YCAMが誇る音響環境でお楽しみください。


出演者

goat | ごーと



以前はスタンダードなロック編成でありながら、ギター、ベース、そしてサックスさえもミュート音などを使ったパーカッシブな演奏をし、12音階を極力外してハーモニクスを多様する事によりいわゆるバンドサウンドとは異なるサウンドを作り出していた。2017年よりメンバーと楽器を変更し、リズムが交差し共存しながらも続いていく、繰り返しのリズムアプローチへの探求を深めていく作曲へとシフト。これまでHEADZよりファーストアルバムとして「NEW GAME」を、セカンド・アルバムとして「Rhythm & Sound」をCDリリースし、2018年にはその二枚のアルバムから選曲したLPをEM recordsよりリリースした。



悪魔の沼 | あくまのぬま

2008年結成。今年結成10年を迎えるレジデントである沼クルー(沼人)は、COMPUMA、Dr.NISHIMURA、AWANOの3人。 東京・下北沢MOREの沼に生息。 活動は不定期ながらおよそ年一回の開催を目指している。当初は、トビー・フーパーの1977年の名画「悪魔の沼」の、映画というよりも日本版VHSビデオやポスターのアートワークに影響を受け、それぞれが独自の視点でDJミックスして沼の可能性を模索していたが、2013年より新たな試みとして、3人によるバック・スリー・バックなDJスタイル、プラス、魔icにロボ宙をフィーチャーしたりと、予測不能な更なるネクストな沼世界を探っている。 これまでに、E魔C魔D、瀧魔憲司、二魔裕志、MOOD魔N、 魔ltz、魔DRINK、Toshi魔-BING-Kaji魔ra、ヘ魔・スタイリスティックス、テーリ・テ魔リッツ、Killer-Bong、小魔林 径、2魔ng(一★狂/国際ボーイズ)、C魔H魔E魔E、C×魔×T、Uni魔ersal Indiann、S魔魔魔魔魔、YA魔STA THUGRAW(Pan Pacific Playa)、DJ YAZI、YO!魔イキー(2much crew)、Cherryboy 魔anction、魔力、CARRE、LIL MOFO、魔AOROCK(THE CREAMS)、OSA魔(TEXACOLEATHER MAN)、UJT(魔ン画トロニクス)、 魔rakami(diskunion)、魔ペリー、魔ンジルビエン、S-LEE、ナパーム片岡など、多彩なDJやアーチスト達が独自の沼を演出してきた。 2011年にデビューMIXCD『沼日和』を、2013年には下北沢MOREでのLIVE DJ MIX CD2枚組『ドキュ魔ント』をリリース。 2014年3月にはBLACK SMOKER RECORDSより、MIXCD『涅槃 -Nirva魔-』を発表した。今春、4年ぶりの新作MIX「薬」がBlack Smoker Recordsより発売された。


湿っぽく泥の深い地の事を沼地と呼ぶ。沼には野生動物が生息し、しばしば多種多様な動物の繁殖地となる。 by Wikipedia



パードン木村

音楽家

1964年東京生まれ。


1999年にヤン富田 TSUNAMI SOUND CONSTRUCTION より『Locals』(P- VINE)でデビュー。2001年に2作目『OCEAN SURFER COOL DAD BUILDING SHOP SURFBOARDS』(MUSIC MINE)、『Frozen Hawaii(bonjour)をリリース。2002年に、リトル・テンポ の土生<ティコ>剛と『Ticpa Stylee』(Lastrum)、DJ QUIETSTORMとの共作『PARDON TROUBLE』(MUSIC MINE)、二見裕志、塚本サイコ、山崎ごう、とのユニットVIDO『INN』(bonjour)をリリース。2004年に3作目『SILLY WAKE』(trieight)をパーソ ナルサラウンドテクノロジー(PST)録音で発表。2005年KILLER BONGとの共作『KILLER PARDONG』(trieight)をリリース。2012年PARDON KIMURA & DRUMMERS 『G.E.P Good Enough Pocket』(Tuff Beats)をリリース。


ソロ活動の他にHONZI、HAKASE-Sun、スパンクハッピー、菊地成孔、野宮真貴、中野裕之、宇川直宏、テ イトウワ、一十三十一、UA,、大友良英の作品に参加。 菊地成孔DUB SEPTETのメンバー。リアルタイムエフェクトエンジニア、シンセプレーヤー。映像作家 Zach Liebermanとのコラボレーション『Drawn』は第10回文化庁メディア芸術祭の優秀作品として紹介される。プロデュース、レコーディングエンジニアとして、Keison、与世山澄子 、今野英明、マイク眞木meets 高田 漣、Kazz、Peace-K、児玉奈央,ラキタなど。映画の音響効果として、『パンドラの匣』『アトムの足音が聞こえる』冨永昌敬監督など。


2012年から拠点を静岡に移しアントビー株式会社とANTBEE SHIZUNAMI LABORATORYを開設。使用済みの冷蔵庫を使用したスピーカーの設計製作などアップサイクルな活動をスタート。

公演・チケット詳細情報

  • 会場 山口情報芸術センター スタジオA(山口県 山口市)
  • 公演期間 2018/07/21(土) 16:00
  • 価格 1,500円 ~ 2,500円(税込)
  • お問合せ (公財)山口市文化振興財団(山口情報芸術センター内)
    TEL: 083-920-6111
  • 販売期間 2018/06/02(土) 10:00 ~ 2018/07/19(木) 18:00

新着チケット

2019/01/17(木) 14:00

第69回オペラ歌手と日本の名曲を歌う会

開演間近

2018/11/16(金) 14:00

演歌新時代 山内惠介 熱唱ライブ2018

チケットジャンル・公演エリア検索 SEARCH


{{ message }}

OK

こちらの機能は
ログインが必要です。

販売元のサイトに移動します。

OK
キャンセル