当ページは
外国語
対応しておりません。
This page does not have the language content of your choice.

座・高円寺 春の劇場04 日本劇作家協会プログラム
蝶つがい

劇団名・タイトル

カムカムミニキーナ Vol.66
『蝶つがい』

スタッフ

作・演出:松村 武

美術:中根聡子
音楽:土屋玲子

照明:林 之弘(六工房)
音響:山下菜美子(mintAvenue inc.)、中島有城
衣裳:勅使川原恵美
衣裳進行:和泉みか

舞台監督:原田譲二
演出助手:芹井祐文
演出補:藤篠 学

宣伝美術:山下浩介
宣伝写真:宮木和佳子
宣伝ヘアメイク:佐藤千晴(SUGAR)

票券:佐藤恭子
制作:水流あかね

出演

八嶋智人、松村 武、吉田晋一、亀岡孝洋
長谷部洋子、未来、田原靖子、大倉杏菜
本尾裕介、渡邊 礼、菊川耕太郎、福久聡吾
栄治郎、柳瀬芽美、スガチヅル
柿崎智己、梶野春菜、清水芳成、丸山雄也、三科喜代

仁藤萌乃、富岡晃一郎、小林健一、谷川清美

発売情報

【チケット代金】
前売・当日共 通常回/5,000円 割引回/4,500円
※5/17(木)~21(月)の各19時の回が割引回です。
-----
U25(25歳以下)/3,900円
※U25は劇団のみ取り扱い。当日身分証をご提示いただきます。

あらすじ

気候は何者かに操られていた。

真冬の北の大地に吹く海風は、突き刺すように冷たくて、
多くの者達は貝のように口を閉ざした。

「私は貝になりたい」

貝になった人々は次々と死に、
その死体の山が幾重にも層をなして貝塚となったものが、
後の世に発見されて社会の教科書にまで載ったことで、
彼女は学ぶことができた。

彼女は人々をだまさねば救えないと考えた。
大きな蛤をいくつも煮詰めて、その吐息を集めたガスで、
皆に束の間の幻を見せた。
やがて貝殻は開いて蝶になり、彼女の周りをひらひらと舞った。
その些細な蝶の羽の動きが、周り巡って気候を変えた。
真冬の大地に春がやってきた。

「蝶のように、マイベイビー」

繰り返し。

ところで彼女には師匠との約束があった。
二十年後のその日に、もし空が晴れていればまた会おうと師匠は言い残した。
彼女は二十年後のその日の天気を事前に知りたかった。

気象予報士達は必死で“姫”の思いに答えようとしていた……

公演・チケット詳細情報

  • 会場 座・高円寺1(東京都 杉並区)
    アクセス情報
  • 公演期間 2018/05/17(木) ~ 2018/05/27(日)
  • 価格 4,500円 ~ 5,000円(税込)
  • お問合せ 座・高円寺チケットボックス
    TEL: 03-3223-7300


おすすめの関連チケット一覧

  • 第三回武田宗典之会
  • 中村雅俊45thアニバーサリー公演
  • 観世会定期能7月
  • 第3回観世会能楽講座
  • マシュー・ボーンの「白鳥の湖~スワン・レイク~」

  • チケットジャンル・公演エリア検索 SEARCH



    過去の関連チケット一覧

  • 『犬と少女』
  • ジョルジュ
  • アメリカン・ラプソディ
  • 十二人の怒れる男
  • 世界をみよう!

  • {{ message }}

    OK

    こちらの機能は
    ログインが必要です。

    販売元のサイトに移動します。

    OK
    キャンセル