当ページは
外国語
対応しておりません。
This page does not have the language content of your choice.

座・高円寺 秋の劇場13 あしたの劇場
ピノッキオ

タイトル

座・高円寺 秋の劇場13 あしたの劇場 劇場へいこう!
「ピノッキオ」

スタッフ

原作=カルロ・コッローディ
脚本・演出=テレーサ・ルドヴィコ
台本監修=佐藤信
美術=ルカ・ルッツァ

出演

高田恵篤
KONTA
辻田暁
森ようこ
高橋優太
田中真之
黒須育海

概要

毎年、秋のお楽しみ。
座・高円寺の「劇場へいこう!」。
上演するのは、私たちの世界を広げてくれる、とびっきりのふたつのお話。
たくさんの人にみて欲しいから、今年も中学生以下の皆さんを全員ご招待します!

発売情報

大人(18歳以上) 3,000円
ユース(16歳以上)2,000円
中学生以下無料
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
おしばいの森割引
(2枚1組「ピノッキオ」と「フランドン農学校の豚」2作品をご覧いただけます。)
◎WEBからご購入いただけます。
大人 4,000円
ユース 3,000円

ものがたり

家具職人のジェペットが、ある日まきを集めていると、不思議な棒っきれを見つけます。
さっそく削って人形をつくり、ピノッキオとなづけると、
たちまち人形は動き出し、家の外に逃げ出してしまいます。
いたずら大好き、うそをついたり、人をこまらせたりのピノッキオですが、彼をとっても愛するジェペットお父さんや、ものを言うコオロギ、商人、火食い親方、ネコ、キツネ、青い髪の少女……、いろいろな出会いの中で、木でできたピノッキオの心が、温かく、やわらかく動き始めます……。
なのに、あれあれへんだよ、なんで鼻が伸びるんだろう?

自分の気の向くままに無邪気に振る舞うピノッキオに、みなさんはどこかで出会ったことがありませんか?
ちょっとあこがれの、でもあぶなっかしくて、はらはら、どきどき。
昔あった友だちのような、もしかしたら自分の姿のような……。
木の人形のピノッキオは、どうして人間になれたのでしょう。
『旅とあいつとお姫さま』で、私たちに舞台の魔法をみせてくれたイタリアの演出家テレーサ・ルドヴィコといっしょに、そのふしぎな冒険の旅に出かけましょう。

公演・チケット詳細情報

  • 会場 座・高円寺1(東京都 杉並区)
    アクセス情報
  • 公演期間 2018/09/01(土) ~ 2018/09/17(月)
  • 価格 1,500円 ~ 3,000円(税込)
  • お問合せ 座・高円寺チケットボックス
    TEL: 03-3223-7300


おすすめの関連チケット一覧

  • 観世会定期能十一月
  • 奉納舞台 一粒萬倍
  • 能+ファッション『継承する伝統と現代の融合』
  • 東京観世会十一月
  • 第4回文の会

  • チケットジャンル・公演エリア検索 SEARCH

    各地域の会場からチケット情報をジャンル別、エリア別で探して選ぶ事ができます。



    過去の関連チケット一覧

  • 虚構の劇団『日本人のへそ』
  • OFFICE SHIKA PRODUCE『罪男と罰男』
  • 糸あやつり人形一糸座『おんにょろ盛衰記』
  • 燐光群『憲法くん』(11/30~12/8上演回)
  • TOKYOハンバーグ『人間と、人間と似たものと。』

  • {{ message }}

    OK

    こちらの機能は
    ログインが必要です。

    販売元のサイトに移動します。

    OK
    キャンセル