当ページは
外国語
対応しておりません。
This page does not have the language content of your choice.

独立三十周年記念
下平克宏演能の会

出演・曲目・カード

能「卒都婆小町」 下平克宏、狂言「二人袴」 野村萬斎、仕舞「砧」 観世清和 他 仕舞、能「乱」 大槻崇充

あらすじ


能「卒都婆小町 そとわこまち」

一人の乞食老婆が、老いて零落した身の上を嘆き、朽ちて倒れていた卒都婆に腰をかけて休みます。それを見てとがめた高野山の僧が教化しようと問いかけると、老婆は弁舌鮮やかに論破してしまいます。僧は感服し頭を地につけ礼拝すると、老婆は茶化して戯れの歌を詠みます。更に僧が名を尋ねると、自分は小野小町の成れる果てであるとあかし、過去の栄華を懐かしみます。すると、小町に恋をし、九十九夜に死んだ深草少将の霊が憑りつき、老婆はたちまち狂乱の体となり、百夜通いの様をみせますが、やがて悟りの道に入りたいと願うのです。


狂言「二人袴 ふたりばかま」

聟入りの日に一人では心細いと、聟は父親に同道され舅の家にやってきます。父親は長袴の礼装を聟に着せて表で待っていると、太郎冠者に見つかってしまいます。しかし長袴はひとつだけしかありません。さてさて、どうなることやら。


能「乱 みだれ」

猩々の小書(特殊演出)の演目です。酒好きな妖精・猩々は、楊子江の畔で酒を商う孝行息子高風に、汲むとも尽きない酒壺を与えて、酒興の舞をみせます。乱の小書により、常の舞と変わり、水上を流れる「流れ足」、波を蹴立てる「乱れ足」など、特殊な足裁きをみせ、また酒壺を覗きこむ「極」などをみせて、水に潜っては浮かび出ながら舞を繰り広げます。

公演・チケット詳細情報

  • 会場 観世能楽堂(東京都 中央区)
    アクセス情報
  • 公演期間 2018/10/28(日) 13:30
  • 価格 5,400円 ~ 9,180円(税込)
  • お問合せ KANZE.NET チケットセンター
    TEL: 03-6274-6579
  • 販売期間 2018/09/22(土) 10:00 ~ 2018/10/25(木) 17:30


おすすめの関連チケット一覧

  • 独立披露 田口亮二 渡邉瑞子
  • 観世会定期能1月
  • 東京観世会1月
  • 第32回檀の会
  • 観世会定期能2月

  • チケットジャンル・公演エリア検索 SEARCH



    過去の関連チケット一覧

  • 第六回坂口貴信之會
  • 閑能会
  • 観世会荒磯能12月
  • 第三回花乃公案
  • 第2回 文の会

  • {{ message }}

    OK

    こちらの機能は
    ログインが必要です。

    販売元のサイトに移動します。

    OK
    キャンセル