父と暮せば

スタッフ

作 : 井上ひさし
演出 : 鵜山仁

出演

出演 : 山崎一、伊勢佳世

概要

こまつ座「戦後“命”の三部作」の記念すべき第一作。
魅力あふれる新しい俳優を迎え堂々上演。

スペシャルトークショー

★6月14日(木)14:00公演終了後
鵜山仁(演出家) ―『父と暮せば』の新たな旅立ち―

※アフタートークショーは、開催日以外の『父と暮せば』の
 チケットをお持ちの方でもご入場いただけます。ただし、満席
 になり次第ご入場を締め切らせていただくことがございます。
※出演者は都合により変更の可能性がございます。

あの被爆者たちは、核の存在から逃れることのできない
二十世紀後半の世界中の人間を代表して、
地獄の火で焼かれたのだ。
だから被害者意識からではなく、
世界五十四億人の人間の一人として、
あの地獄を知っていながら、「知らないふり」をすることは、
なににもまして罪深いことだと考えるから書くのである。
おそらく私の一生は、
ヒロシマとナガサキとを書きおえたときに終わるだろう。
この作品はそのシリーズの第一作である。
どうか御覧になってください。

―――井上ひさし




【出演にあたってのコメント】

<山崎一さん>
恐らく井上作品の中で最も有名な作品であり、
かつ最高傑作でもあるこの作品に出演させて頂くことは大変な光栄であり、
また同時に大きなプレッシャーでもあります。
しかし未熟ながら全力を尽くそうと思っています。
なぜなら、この作品はいま上演されなければならない作品だと思うからです。
どうか温かい目で見て下さい。
そして出来れば多くの人に「今」観て欲しいのです。
人間が同じ過ちをまた繰り返さないためにも!

<伊勢佳世さん>
尊敬する役者さん達が演じられてきた「父と暮せば」。
お話を頂いた時は、嬉しさよりも身の引き締まる思いになりました。
これまで、こまつ座では戦争を題材にした作品を二作品演らせていただき、
その度に、戦中の作品を演じることの難しさを感じていました。
今作もその難しさはひとしおですが、愛おしく、大切に挑もうと思っています。
初めて共演する山崎一さんと、どんなコンビになるのか、私自身、一番ワクワクしております。

(こまつ座HPより)

公演情報

  • 会場 俳優座劇場(東京都港区)
  • 公演期間 2018/06/05(火) ~ 2018/06/17(日)
  • 料金 3,500円 ~ 5,500円 (税込)
  • お問合せ こまつ座
    TEL: 03-3862-5941
  • 販売元 こまつ座
  • 販売期間 2018/04/07(土) 10:00 ~ 2018/06/15(金) 23:59

新着チケット

2018/09/14 (金) 15:00

鈴木秀美 KLASSIKの世界Vol.6 古典派の弦

開演間近

2018/05/24 (木) 19:00

談ス・シリーズ第三弾

ジャンル・エリア検索 SEARCH


チケット申込

{{ message }}

OK

こちらの機能は
ログインが必要です。

販売元のサイトに移動します。

OK
キャンセル