当ページは
外国語
対応しておりません。
This page does not have the language content of your choice.
  • ポイント

私はだれでしょう

作・演出

井上ひさし・作
栗山民也・演出

出演

朝海ひかる 枝元萌 大鷹明良 尾上寛之 平埜生成 八幡みゆき 吉田栄作
ピアノ奏者:朴勝哲

概要

2020年
時代の声に耳を傾けて
私は「私」を取り戻す

昭和20年。すべての人が心の喪失者となった。
井上ひさしが"敗戦後の日本"を舞台に
忘れてはならないものを紡いだ物語。
もう一度この国を選ぶために―。
前回再演時に好評を博したキャスト、スタッフ陣でより深く挑む。
戦後75年の今、私たちは改めて問われる。

発売情報

前売開始日:2020年8月8日(土)

スペシャルトークショー

★10月11日(日)1:00公演後 朝海ひかる・枝元萌・大鷹明良・吉田栄作
★10月20日(火)1:00公演後 朝海ひかる・尾上寛之・平埜生成・八幡みゆき・吉田栄作

※トークショーは、開催日以外の『私はだれでしょう』のチケットをお持ちの方でも
 ご入場いただけます。
※出演者は都合により変更の可能性がございます。

敗戦直後の昭和21年7月。
今よりもずっとラジオが人々の傍にあった。
日本放送協会の一室からラジオ番組「尋ね人」は始まった。
15分間の放送の中では戦争で離ればなれになった人々を探す
無数の"声"が全国に届けられた。
脚本班分室長である元アナウンサー川北京子をはじめとする三人の女性分室員は
占領下日本の放送を監督するCIE(民間情報教育局)の事前検閲を受けながらも
番組制作にひたむきに取り組んでいる。
そこへ日系二世のフランク馬場がCIEのラジオ担当官として着任。
そんなある日、彼らの元に一人の男が現れた。
自称・山田太郎と名乗るその男は言う。
「ラジオで私を探してほしい」。
次々と騒動が巻き起こる中、自分自身がわからない男の記憶が
ひとつひとつ明らかになっていく――。
これは戦後のラジオ番組「尋ね人」の制作現場を舞台に
「真実」にひたむきに向き合った、向き合うことから逃げなかった
誇り高き人々の物語である。
「私はだれでしょう。だれであるべきでしょう」


先行きがわからないときは過去をうんと勉強すれば未来は見えてくる
――――井上ひさし

公演・チケット詳細情報

  • 会場 紀伊國屋サザンシアター(東京都 渋谷区)
  • 公演期間 2020/10/09(金) ~ 2020/10/22(木)
  • 価格 6,000円 ~ 8,800円(税込)
  • お問合せ こまつ座
    TEL: 03-3862-5941
  • 販売元 こまつ座
  • 販売期間 2020/08/08(土) 10:00 ~ 2020/10/20(火) 23:59


おすすめの関連チケット一覧

  • 奉納舞台 一粒萬倍
  • 能+ファッション『継承する伝統と現代の融合』
  • 東京観世会十一月
  • 第4回文の会
  • 観世会荒磯能十二月

  • チケットジャンル・公演エリア検索 SEARCH

    各地域の会場からチケット情報をジャンル別、エリア別で探して選ぶ事ができます。



    過去の関連チケット一覧

  • 人間合格
  • 雪やこんこん
  • きらめく星座
  • たいこどんどん
  • きらめく星座

  • {{ message }}

    OK

    こちらの機能は
    ログインが必要です。

    販売元のサイトに移動します。

    OK
    キャンセル